>
>
よくわかる不動産購入ガイド

 

 

 

 

 

よくわかる不動産購入ガイド (土地、建売住宅等を購入する場合)

 

ステップ1  希望条件を整理し、予算を決めて資金計画を立てる

住みたい地域、住宅の種類、広さや間取り、入居したい時期などの希望条件を整理しておきましょう。

そして希望の住まいのおおむねの相場を調べ、預貯金の金額や住宅ローンの借入可能額などを確認して、

予算の目安を立ててみましょう。

それをもとに資金計画を具体化させて物件の購入資金以外に必要となる諸経費や、住宅ローンの金利、毎月の返済額などについても試算しておきましょう。

(解らない場合は不動産会社へ聞いてみましょう。)

【諸費用になるもの】

印紙税、登記費用、固定資産税、都市計画税、不動産取得税、登録免許税、火災保険、ローン事務手数料、

不動産仲介手数料、引越し費用など

 

ステップ2  物件を探す
不動産会社へ行ったり、インターネット検索や新聞折り込み広告などから物件情報を集め、希望条件に合う物件を探します。

 

ステップ3  現地見学・相談する  
気に入った物件が見つかったら不動産会社から説明を受けたり現地を見に行きます。不動産会社へ希望条件を伝えて他の物件も紹介してもらい検討しましょう。

 

ステップ4  購入契約をする

不動産会社へ購入の意思を伝え、必要であれば購入申込書類へ署名捺印をして提出する。

購入申込時に 代金の支払いや引渡時期などの確認を行います。

準備が整い次第、重要事項の説明、そして不動産売買契約と進んでいきます。

契約時には手付金(売買代金の10%程度)が必要となります。

【重要事項説明】

購入申し込みをした不動産会社の宅地建物取引士から、購入物件に関する重要事項の説明を受けます。

重要事項説明書には、登記簿に記載の権利関係、物件概要、代金授受の方法、契約解除の場合の規約などが

記載されていますのでわからない点があれば、必ず質問して確認してください。

【不動産売買契約】

売主と不動産売買契約書を用いて契約します。

取引内容の当事者の権利・義務などを明らかにし、安全で確実な売買の成立を目的としています。

不動産売買契約を締結すると、以後契約書の記載内容に基づいて権利や義務を履行することになります。

 

ステップ5  住宅ローンの申し込みをする

不動産売買契約を結んだら、住宅ローンの申し込みを行います。

土地は不動産会社、建物はハウスメーカーと行う場合など、土地建物の売買契約が別々で行われる場合はローン申し込みまでに両方の契約を完了しておく事。

ステップ6  引き渡しを受ける

住宅ローンの融資実行を受けたら、残りの代金を支払います。

残代金の支払いと同時に、売主が物件を買主へ引き渡し(鍵を渡すなど)所有権変更登記手続きを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用・参考